導入までの流れ

 
トップ > 導入までの流れ

お客様に安心してお使いいただくために、一般的な設備導入までの流れをご案内いたします。
井戸掘削からプラント工事、許認可取得まで通常約4ヶ月で給水可能です。 
最適なプラント設備、資金計画等を含め課題を解決できるようご提案いたします。 

 

お客様のご希望に合ったスキームを構築し、ご提案させていただきます。
 

 
事前に提示させて頂く料金、数量など契約条件をご承認頂いた上で井戸掘削を開始します。

 

 
掘削後万一、水が出なかった場合には  【井戸工事費用は当方負担】 として原状復旧します。  

 

 
採水した水質、水量を確認し、それに最適なプラントを設計します。
ここで水質と水量を確定いたします。

 

 
月々の契約水量、単価等についての正式契約書を交わし、プラント工事に入ります。

 

 
保健所、水道局等の交渉、許認可取得の手続きはすべて当社で行います。

 

 
プラント設置、配管・電気等の工事を行います。

 
 

 
プラント設備の試運転時に水質検査を行い検査合格後、保健所へ給水開始届を提出し、供給開始となります。

 

 
お客様のご要望に合った「水質」と、お約束した「水量」を保証します。

 

24時間監視システムから、稼働中のデータや異常の兆候を把握し、突発的なトラブルも直ちに当社社員に連絡が入ります。

 
 
 

毎月のメンテナンスの際、水量メーターをチェックし料金をご請求させて頂きます。

 
平日9:00-18:00
九州支店092-432-6505
関東支店045-226-5177
東北支店022-306-1223
関西支店06-6201-6116